枕の選び方のコツは?自分に合った枕を選ぶメリットと合わない枕を選ぶデメリット、おすすめ枕もご紹介!

枕の選び方のコツは?自分に合った枕を選ぶメリットと合わない枕を選ぶデメリット、おすすめ枕もご紹介!

枕選びは健康の要!
自分に合った枕を選びましょう

枕の選び方を間違えてしまうと…

枕の選択は、快眠と健康にとって重要な要素です。もし自分に合わない枕を使うとこんなことが起こるかもしれません。

寝つきが悪く、途中で起きてしまうことも

枕が頭や首にフィットしていない場合、違和感や不快感を覚えることがあります。そうするとなかなか寝付けなかったり、途中で起きてしまう(中途覚醒)ことも。さらに、睡眠時間は十分なのに朝スッキリしない・昼眠くなるといったことも起きてしまいます。

首や肩の痛み・こり、ストレートネックを引き起こす

枕の高さが自分に合わなかった場合、枕と首・肩の間に隙間ができてしまいます。すると体の一部に圧力がかかってしまい、首や肩に大きな負担がかかります。睡眠は毎日長時間行うものなので、その姿勢が慢性化すると首や肩の痛み・こりや、ストレートネックを引き起こす可能性があります。

寝返りが打ちにくく、眠りが浅くなる

枕が合わないと、寝返りを頻繁にすることになります。しかもスムーズな寝返りをすることができません。すると睡眠が浅くなり、途中で目が覚めたり睡眠の質が低下します。

自分に合った枕を選ぶとこうなります

毎晩ぐっすり眠れる

枕の選び方でおすすめなのが、頭や首にしっかりフィットしているものを選ぶことです。正しい寝姿勢をキープし、ぐっすりと眠ることができます。また、枕に頭を置いた瞬間から気持ちよく、寝つきも良くなります。さらに睡眠の質がアップし、身体の回復(筋肉や組織の修復)やホルモンバランスの調整がしやすくなります。

スムーズな寝返りを必要な数だけすることができる

自分に合った枕を選ぶと、寝返りがスムーズになります。筋肉や関節がリラックス状態になり、翌朝の快適な目覚めをサポートします。
寝返りの重要性は後半でもお伝えしているので、ぜひ最後までお読みくださいね。

日々のパフォーマンスがアップ

正しい枕の選び方ができていて、質の高い睡眠が得られると、心身ともに健やかな毎日を送ることができます。集中力・記憶力・判断力など認知機能がアップし、仕事や勉強のパフォーマンスがアップ!また、十分な休息を得ることで感情の安定やストレスへの対処能力も向上します。

枕選びで重要なポイント

「枕選びの重要性はわかったけど、選び方のコツが分からない」「どんな枕が自分に合うのか分からない」「いろんな種類があるからおすすめの枕を知りたい」という方のために、本当に重要なポイントを3つに絞ってご紹介します。

自分に合う枕を選ぶには!
枕の選び方で
重要なポイントBEST3

一晩中蒸れずに快適!
「通気性の良さ」

枕の通気性とは?

枕の通気性は、良質な睡眠を追求する上で見逃せない重要なポイントです。通気性の良い枕は、枕内部の空気がうまく循環されています。枕の中の空気がしっかり入れ替わることで、頭に触れる部分の温度と湿度を適切な状態に保つことができます。

枕の通気性が良いとどうなる?

通気性の良い枕は体温の上昇を抑制し、寝汗や寝苦しさが軽減されるようサポートします。さらに湿度も適切な状態に保たれているため、頭が蒸れることがなく不快感を減少する助けになります。

睡眠の質UP!
「寝返りのしやすさ」

寝返りをうつ理由とは?

寝返りは血液循環を促進し、筋肉や関節をリラックス状態にさせるためにあります。睡眠中に体の一部が圧迫され続けると血流が悪くなってしまいます。そこで寝返りをうつと、新鮮な酸素や栄養を組織に供給し、老廃物が除去されやすくなります。
また、ずっと同じ姿勢で寝ていると体の一部分に圧力(=負担)がかかってしまいます。寝返りをうつことで体にかかる圧力を分散し、筋肉や関節にかかる負担を軽減させます。

寝返りはすればするほどよいのか?

必ずしもそうとは言えません。寝返りをするとどうしても睡眠状態が浅くなってしまいがちです。そのため頻繁に寝返りをすると途中で目が覚めてしまったり、睡眠の質が低下してしまうことがあります。
だからこそ、寝返りのしやすさだけではなく、寝返りを必要な数だけに抑えてくれる枕を選ぶことが重要です。

密着して気持ちいい!
「フィット感」

枕選びで最も重要なのはフィット感!

自分にフィットしていない枕を使うと睡眠の質が下がって、朝スッキリと目覚めなかったり日中のパフォーマンスが低下してしまいます。また、肩こりやいびき、ストレートネックの原因になることもあります。

枕のフィット感を見極めるポイント①
枕の高さが自分に合っていること

枕と首の間に隙間が生まれないのが「枕の高さが自分に合っている」状態です。今お使いの枕の上に横たわり、スマートフォンのカメラで首の後ろを撮影してみてください。また、ご家族やお友達に見てもらって確認する方法もあります。
もし枕と首が密着(=フィット)していない場合は、首が不自然なカーブを描いているはずです。それは首や肩の一部に圧力(=負担)がかかっている状態と言えます。

枕のフィット感を見極めるポイント②
自分の寝姿勢と合っていること

横向き寝の場合は肩の高さ分の隙間が生まれるため、仰向き寝の場合より2cm程度高めの枕を選ぶ必要があります。

まとめ
自分に合う枕を選ぶには!
枕の選び方で重要なポイントBEST3

一晩中蒸れずに快適!
「通気性の良さ」

温度調節で寝苦しさを軽減

体温が適切に調整されないと寝汗や不快感が生じ、睡眠の質が低下してしまいます。通気性の良い枕を使えば、睡眠中の体温が安定しやすく、寝汗や不快感を低減!良質な睡眠と健康な生活につながります。

湿度調整で快適な睡眠環境に

湿度が低すぎる場合、過乾燥による喉や目への不快感が生じます。一方で湿度が高すぎる場合は湿気を溜め込みダニやカビが繁殖する原因になることも。通気性の良い枕は、適切な湿度を維持しやすく、快適な睡眠環境を保ちます。

ヒツジのいらない枕は完全通気設計!

枕の表面から熱と湿気を効率的に分散して、蒸れない快適な寝心地を一晩中保ちます。

ヒツジのいらない枕なら、どの種類を選んでもOK!完全通気設計で一晩中蒸れずに快適です。

睡眠の質UP!
「寝返りのしやすさ」

ヒツジのいらない枕が寝返りしやすい理由は「体圧を分散するから」

多くの点で支えるから、寝返りの際、点から点へ次々と支点が移り変わります。このことで、睡眠時の安定感と流れるような寝返りを両立しました。

さらに!余分な寝返りを減らします

寝ている間、頭部に熱を感じると寝返りをして熱を発散させようとします。しかし頭部の通気性が良く涼しく保てる『ヒツジのいらない枕』なら、そういった寝返りはなくなります。

ヒツジのいらない枕なら、どの種類を選んでもOK!スムーズな寝返りで、睡眠の質をUPさせます。

密着して気持ちいい!
「フィット感」

フィット感を見極めるのに必要なポイントは、①枕の高さが自分に合っていること ②寝姿勢と合っていること でしたね。
『ヒツジのいらない枕』は3種類ご用意しており、あらゆる高さ・寝姿勢をサポートします。

それぞれの特徴をまとめました